たまには押し付けがましく

799ACD6F-BA54-479E-9F2F-D97B94F580A1
なんとなく録画しておいた『ワンダー 君は太陽』と云う映画をなんとなく観始めたら、これがとんでもなく良くて魂がブルブル震えたのでした。
これはもう是非とも妻さんと息子にも観てもらいたいと観終わる前に Blu-ray を注文しました。
録画したのは字幕入りだったわけで、それだと六歳の息子にはまだ難しいですからね。
ものすごく押し付けがましいのは百も承知。
でも、たまにはこういう押し付けもありじゃないかと。
これぞ家族の特権ではないかと。
そう開き直ることにしたわけです。
この映画。
主人公のオギーという男の子は、トリーチャー・コリンズ症候群という先天性疾患が原因で顔が変形してましてね。
入退院の繰り返しもあり、ずっと自宅で学習を続けていたのですが、容態も安定してきたので学校に通うことにしたのだけれども、そしたら本人と家族の予想&不安は的中。
クラスメートから差別とイジメを受けるわけです。
でも、そんな中でも心通わす友人が少しずつ出来てくるという展開。
私はですね。
それはもうしょうもない無知でバカで未熟な子供でしたからね。
多分、こういうコがクラスにいたら、きっと差別しイジメる側の人間だったと思うのです。
でもね。
もし、こういう映画を観る機会が私にあったならば……
もしかしたらこの映画にも出てくるオギーと心通わす少年少女たちのような振る舞いも出来たんじゃないかって思うのです。
うちの六歳児は、これからどっち側の人間になるのかはわかりません。
私の願いとしては、差別とかイジメをしないような人間になって欲しいと思っています。
だからね。
この映画を観ることで、息子がそっち側の人間になる可能性が少しはアップするんじゃないかと。
人に優しく親切に出来るようになるんじゃないかと。
人間の内面の価値には外見で推し量れないものがあるという考え方を持てるようになるんじゃないかと。
そんな物凄く独りよがりな願いを込めて「これ観てよ!」と薦めることにしたのです。
そんな方向づけをたまにはしてもいいですよね?
今はまだ理解出来ないかも知れない。
でも、近い将来きっとわかるときが来ると思うので、我が家にこの映画を常備することに決めました。
パッケージもステキですしね。
さてと。
それじゃあ、DOODLIN’ BARBER SHOP ORIGINAL TEE を遠方よりご注文していただいた方々に発送する準備が整ったので、クロネコヤマトに持って行きましょうかね。
実にいい感じに仕上がっております。
期待してください。
お楽しみに!
股旅。
 

スッキリ落ちた

5445C509-209D-4234-84F5-2D54E91460B6
オリンピック観戦チケット抽選、見事に全部落ちました。
全部当選しちゃったら大変だなぁむふ〜とほくそ笑んでいたかつての自分にトペ・スイシーダ喰らわせたいです。
まだまだチケットゲット出来るチャンスはアルらしいのですが、ちょいと今は何としてでもゲットしてやるぜって気持ちが失せてます。
再び盛り上がる日は来るのでしょうか。
息子が今夢中になっているゲーム「マインクラフト」。
これがマルチプレイというのが出来て、ゲーム内の仮想空間に息子と一緒に入ることが出来るのです。
アイテムやら操作方法とかチンプンカンプンな私なので、すぐに悪いヤツに襲われてしまうのですが、そんなピンチのときに息子は疾風のように現れて、瞬く間に悪いヤツらを蹴散らしてくれるのです。
日頃の泣き虫息子とは正反対で、ゲーム内での彼はスーパーヒーロー。
彼がいれば全然安心。
困ったときは彼を呼べ。
息子は、なんとも頼りになるナイスガイなのです。
こんな経験、ゲームでないと出来ないですよね。
息子六歳、私四十八歳。
実生活では有り得ない関係性ですもの。
それがゲームだといきなり有り得るようになるわけです。
あらためてゲームって凄いなと思わざるを得ない。
いや、ゲームではないな。
この「マインクラフト」というゲームが凄いのですね。
さてと。
予定では、今日ニューTシャツが納品されるはずなのですが、今の所その気配はナッシング。
毎年、この時期なんらかのTシャツをリリースしているので、新しいTシャツを手に取ると「もうすぐ夏だな感」がいっそう増すのです。
昨年は酷い暑さでした。
今年は幾分過ごしやすくなりますように。
エアコンが効きますように。
冷しゃぶ食べたい。
それでは股旅。
 

愛しき日々

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_c34d
本日、我がDOODLIN’ BARBER SHOP は爆発的にさりげなく移転して五年目に突入させていただきました。
ありがとうございます。
光陰矢の如し過ぎて引いてしまいますね。
つい数年前は、この移転日を今後の記念日にするぜと鼻息荒くなっていたのですが、気が変わりました。
やはり十四年と半年前の十月五日こそを開店記念日にすべきだなと思い直しました。
今まで、何周年だぜ〜ムフ〜となりがちな自分がちょっと恥ずかしくてですね。
なるべくクールにやり過ごしたいと思いながらも、それができない自分の未熟さを呪っていたのですが、ぐるりぐるぐる何周も回って「ま、いいか!」の境地に達しました。
今後、大々的にどうのってのは考えてはおりませんが、その日が訪れる度にサラリとご報告出来たら良いなと。
家族を始め、日々支えてくれている方々に感謝の気持ちを伝えられたらなと。
そんなこんなでテンション上がってしまったので、華麗にスルーするつもりでいたのですが、気まぐれにステッカー作ることにしました。
画像のように床屋色で三種類。
Tシャツ用にデザインしていただいたのですが、これでステッカーも欲しい!
とリトルテッペーがうるさいものでして。
なので、来店いただいた方々にもらっていただければと。
もちろん耐水仕様なので、愛車や愛機にガシッと貼っていただければと。
来週納品となる新Tシャツを遠方よりご注文してくださった方々にも同梱いたしますので是非。
こうなると同柄でバッジも欲しくなるのが人情ではありますが、それはまたの機会に。
欲を張ってはいかんざきですからね。
最近の私はというと、先日映画マニアのお客さんに猛烈に薦められて観始めた米国ドラマ “TRUE DETECTIVE” (シーズン1)にドップリ見事にズブズブにハマっております。
もうね、信じられないぐらいに面白いんですよ。
ウソだろ?ってぐらいに手に汗握って。
監督はキャリー・フクナガ氏。
これはもうこの仕事は天才の領域だろと思ったら、007 の次回作を監督することが決まっているそうで激しく納得。
主演は、マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンの二人。
こんな二人がテレビドラマに出てしまうという豪華さ。
これを書いている今も、今後の展開が気になってしょうがないですもの。
でも、終わってしまうのも惜しい。
至極贅沢なジレンマです。
そんなわけで今後ともよろしくです。
まわりに溢れる愛に感謝します。
 
DOODLIN’ BARBER SHOP 店主 高崎哲平 拝

やはりそこに必要なのは積み重ね

F3E9BBAF-6108-4227-ABD2-C84EBF239A69
昨夜は月一のレコード選曲日。
C.V.C MALL 二階 の “SPACE FORREST” で毎週水曜のみ営業している『Bar CLOSED』。
こちらの第二水曜の BGM を生意気にも担当しているのがDOODLIN’ BARBER SHOP こと私ってわけなのである。
毎回主催であるテルくんからテーマを提示され、それに合わせたレコードを厳選して持っていくのだ。
扱うのはレコードのみ。
ここがミソ。
何でもありじゃつまらない。
縛られるほど、限定されればされるほど燃えるのである。
レコードだけで、テーマに即した曲を選ぶって所に萌えるのである。
音楽は物心ついた頃から好きだった。
でも「音楽好き!」だと公言できるまでには随分と時間がかかった。
いつ何時でも「オレなんてハナクソ」って思いが拭えなかった。
自分ごときが音楽好きだなんてチャンチャラ可笑しいぜって思いに支配されてきたのだ。
四十路に入った頃だろうか。
「あれ?オレってもしかしてひょっとして音楽好きって言っていいんじゃない?」と思えるようになったのは。
いつの間にかね「積み重ねられて来たかも」って思えたのである。
この「積み重ね」って重要だなぁとしみじみ思うことが増えた。
オレ積み重ねているぜ!って自覚しながらだとワザとらしくてダメなのだ。
何の気なしに気づいたら「積み重なっていた」ってのがベリークールなわけだ。
それがやっと出来てきたんじゃないかと、ちょっと自惚れようと思いまして。ルルル。
若人たちが、私の選んだ曲たちを気に入ってくれるのが、とんでもなく嬉しい。
せっかくずっと好きだったのだ。
ずっとずっと音楽を好きで良かったと思う。
四十路後半にもなった今。
それをおすそわけする頃合いに突入したのではないかと。
ある意味、伝道師的な。
いい音楽をより多くの人に知ってもらうために。
少しぐらい自惚れても、もう誰も怒りゃしないだろうし。
こんなオッサン責める方が了見が狭いってもんだ。
そのぐらいの痛快な開き直り具合なのである。
ベリベリハッピー。
前述もしたが、やはりそこに必要なのは積み重ね。
一朝一夕じゃ説得力は身につかないもの。
時間をかけないと深みやコクってのは出ないものなのだ。
これは何事も同じ。
小手先だとすぐバレるのだ。
そんなわけで、私は今日も積み重ねる。
それがいつか役立つかも……
だなんてこれっぽっちも考えないでね。
映画『ビューティフル・デイ』について書こうと思ったのだけど、甚だ長くなったので今日は撤退。
映画については店で語らいましょう。
それでは股旅。

21世紀の……

1DFEEEEE-8C9B-48D1-8247-09418EC0E349
梅雨のしとしと雨降る中、私はKing Crimson の “21st Century Schizoid Man Including Mirrors” をまあまあ大きい音で聴いている。
この曲の邦題は現在「21世紀のスキッツォイド・マン」となっているが、私が初めて聴いた三十数年前は「21世紀の精神異常者」だった。
どうやら差別的理由が云々だそうだが、インパクトは十分の一ぐらいになっちゃったなと思う。
(兄たちにヤバい音楽があるんだぜと聴かされたのがこの曲が収録されているアルバム。曲のヤバさよりジャケットのヤバさに震えた)
あの頃は、21世紀なんてまだまだ遠い未来のことのように感じていたが、あれよあれよと言う間にすでに2019年。
ありゃまこりゃ的言う間に、二年後には私も50歳になる。
全くもってふざけた話である。
ギャグである。
でも、1969年、今母50年前に発表されたこの曲、このアルバムに古さを私は感じない。
かといって新しさを感じるわけでもない。
新しいとか古いとかって、もうやめにしませんか?
ってどこかで誰かが言ってそうだ。
東京オリンピックのチケット抽選も一応申し込んだ。
なんだか当選する気がする。
お客さんに薦められて読み始めた『7人のシェイクスピア』(ハロルド作石著)がたまらなく面白い。
シェイクスピア、名前はよく聞く、代表作もいくつか挙げられる。
でも、全然知らない。
そんな私にはビッシビシ響いた。
シェイクスピア、ちょっと真剣に向き合ってみよう。
語り継がれてきたもの。
聴き継がれてきたもの。
そういうものへの関心をもっと持たなくてはという思いには以前から駆られていた。
新しいものも大事だけども、今の私の心身にはマスターピース的なものの方がジャストフィットスムーズインのようだ。
すでに評価されたものは識るべきだ。
それが多分教養とか知性に繋がるはずだと信じている。
新しいもの、古いもの、どちらも肯定出来ればなと思う。
股旅。