君は新しい景色を見たか

12月7日と言えば、トム・ウェイツ先輩の誕生日(72歳!)であり、そして明日の8日はジョン・レノン師の命日であって、毎年この日が来ることによって、私は師走をしみじみ実感するのである。

そんなわけだから、必然今日はトム・ウェイツの深い歌声が店内に響き、明日はジョン・レノンの優しい歌声が流れ、こうしてDOODLIN’ BARBER SHOP 的年末がスタートするのである。

店前の もみの木にも飾りが施され、クリスマスケーキと餅の予約も完了。
年末の課題図書『定本 レッド 1969-1972』(山本直樹 著)もゲットしたし、準備は着々と進められている……ような気がしている。

どうにか時間を見つけて映画『THE FIRST SLAM DUNK』を観に行けたらな〜とか、抽選に応募したプラモが当たらないかな〜とか、『青春 少年マガジン 1978〜1983』(小林まこと 著)が面白かったな〜とか、海外ドラマ『ベター・コール・ソウル』の続きが観たいな〜とか、そんなユルいこともぼんやり考えている。

だから、まぁつまり私 & DOODLIN’の日常はとりあえず上々だってことである。
フィルソグー。

W杯に関しては、書きたいことが沢山あるのだが、まとまらないのでやめておく。
日本代表には大満足だし、全く文句はない。
PKが、運か実力かって件に関しての、僕的意見としては、「それはどっちも!」である。
W杯の舞台なら、それは尚更だと思う。

世界のトッププレイヤー達が外してしまう場面を幾度も見てきた。
圧倒的に強いと言われるチームがPK戦で敗退してしまうことも沢山ある。

日本代表、スゲー頑張っていた。
あれだけやって、PK戦で敗退してしまうのは、悔しいが、これはもうしょうがないことなのだ。

青春時代に、自分なりにサッカーに情熱を燃やしていたつもりの床屋のオッサンはそう思う。
もう一度言おう。
サッカー日本代表、最高でした。
ありがとう!

ソワソワしてきた

なんだかジワジワと年末めいた空気感が満ちてきましたね。

いろいろと、アレやらなきゃコレやらなきゃと頭はグルグルローリンし始めてはいるのですが、のんびりとした空気感も横たわっているせいで、ジタバタするなよホコリが立つぜって塩梅で日々を流してしまっています。
まぁ、これもまた良し!ってことで。

敬愛するアーティストの方が、こんなことを言っていたのです。

“写真、絵、ポストカード、手紙、フライヤー、包装紙、落書きなどなど、お気に入りのビジュアルが飾ってある部屋が好きです。

場所を決めて丁寧に壁に飾ってる部屋も素敵ですが、飾る場所もないのに勢いで買ってしまったのか?
あるいは買ったことに満足してなかなか飾らずにいるのか?

床に何枚も絵が立てかけてある部屋が特に好きです。
箱に入ったままだったり、おそらくポスターが入っているであろう筒が乱雑に隅に置いてある部屋もグッときます。
絵がある部屋は本当に素敵だと思います……”

この感じ方、考え方、思い方、とても共感いたします。(ここに更にレコードジャケットも加われば尚更グッド )
しかし僕の場合は、致命的なことに、そこに確かな “信念” ってのがないもんですから、妻さんにイエローカードを出されてばかり。
どうしたら、気持ちよくまとまるのか、そんな課題に追われまくりのエブリデイを忙しく過ごしているわけで、それがまた結構楽しいんだからフィルソグーなわけなのです。

W杯の話題にはあえて触れずに、華麗に去ります。
では股旅。

現在 (いま)がどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい……

先日鑑賞した映画のエンディングで流れた曲のフレーズ

♪ 現在 (いま)がどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい……♪

がやけに頭をグルグル廻っていまして。
切ない終わり方をした物語でも、その後に流れる曲によって希望を持たせられるんだなぁ……
などと、しみじみ感心させられている小雨模様の火曜日の朝です。

親愛なる皆々様方はいかがお過ごしでしょうか?
僕は元気です。
レットイットビー。

先日、長年「いつかDOODLIN’ BARBER SHOPに行ってみたいぜ!」と思っていながら、なかなかそのチャンスを作れなかった方が満を持して訪れてくれまして。

イメージ通りでしたか?
と訊ねたら

「想像してた以上におもちゃ箱でした。
何度も通って少しずつ触れていくべき店だと感じました……」

だなんて嬉しい褒め言葉をいただきました。
ありがとうございます。

僕が大好きなダフト・パンクのアルバム。『Discovery』は、ダフト・パンクの二人が子どもの頃に夢中になったアレやコレやをギュッと詰め込んだものなんだって何かの記事で言ってたのを読んでから、漠然と自分もそういう空間、店を作ってみたいな〜と思ってたのです。実は。

自分が好きなものしか置かない……

そんなのはコンセプトだなんて到底言えないし、下手したら、いや、下手しなくても、ちょっと痛いくらいなんですが、自分の店なんだから、少しはワガママにやりたいじゃないですか。

流行っているから
評判だから
ウケるから

そういうのはヤングマンたちにお任せして、床屋のオッサンはゴーイングマイウェイ。
このまま行くしかないですよね。
ゴーアヘッドです!

今日はおやすみ。
外は雨だし、店の掃除して、プラモ作ります。

股旅。

これでもちゃんと学んでいるのである

近頃、少年時代にどっぷりハマっていたプラモデル熱が再燃しているのです。

自ずと、仕事している最中の会話もプラモデル関連の話題がついつい出てしまうのですが、我がDOODLIN’ BARBER SHOP のお客さんたちが、これまたかつてのプラモ小僧だった方々が沢山いらっしゃいましてね。

私と同じように、

模型屋やプラモデル売り場があればフラフラと寄ってしまい、いつか作るんだぜと意気込んで買ってしまい、でも作るチャンスもないまま棚に積まれ、押し入れの奥に入れられたままほ、十数年経ってしまったじゃないか!

って方々ばかりなんですね。
それはもう“me too” の嵐なわけです。

で、

十数年そのままだったものが、これから作れるようになる気も全然しないし、それなら床屋のオッサンにあげてしまおう!
息子さんも一緒にハマりまくってるみたいだしね!

って展開が相次いでましてね。
でいただくからには、誠心誠意込めて作らなきゃとせっせと精を出しているわけです。
最高ですよ、全くもう。

写真の1/100 MG アッガイもまた お客さんからいただいたもので、(私は水陸両用モビルスーツは自由に楽しく塗りたい派)はてさてどんな色にしようかな〜と思案していたら、息子が「床屋の色にしなよ!」と熱い提案をしてくれまして。

それは良いぜ!

と塗ってみたのでした。

私的には、会心の出来ですよ。
作って楽しいし、見て楽しいのだからムテキング。
このアッガイのキットをくれたあのお客さんも喜んでいただけることでしょう。

思い返せば、レコードでも同じようなことがよくあります。
聴かなくなったレコードを、うちの店に持ってきてくれるお客さんたちがいるんです。

この床屋のオッサンに渡しておけば……

って似通った思いがそこにあるんでしょうね。
多分きっと。

たかだかプラモデルと侮るなかれ。
私はプラモデル制作を通して、たくさんのことを学んでおりますよ。

忘れていた何か。
新しい発見。
あらためて感じ入る大切なこと。

プラモデルが教えてくれてます。
ありがとう、プラモ!
プラモデルをくださった方々、どうもありがとうございます!

パーっと視界が開く、この感じ。

今年三月他界した音楽評論家の松村雄策さん最後のエッセイ集『僕の樹には誰もいない』が届いた。

亡くなる直前に書かれたものも収録されているそうで、この『僕の樹には誰もいない』というタイトルも、亡くなる二ヶ月前に「タイトルはもう決めてるんだぜ!」と電話で伝えられたもので、10代の頃から松村さんの文章に触れていた元テッペー少年としては、これは読んでおくべきなんじゃ?どう?

と思ったから、発売の情報を聞いたとき、すぐさま予約したのだ。

高校生のとき松村さんが描いた小説『苺畑の午前五時』を読み、自分が今青春の真っ只中にいることを自覚はしたのだが、まるで無駄で無為な日々を過ごすことしか出来てない自分に落ち込んだりしたんだった。

でも、今となってみれば、あれこそが青春の日々だったんだなぁと思う。
所詮自分は器用にサラっとスタイリッシュになんか生きられないのだということがわかったからである。
この “わかった” ってことが重要。

で、近頃「これからどう生きるべかな〜」なんて、鼻くそほじりながら嘆息ばかりしてたのだが、この本には何かヒントが載ってそうな予感がムンムンしている。

答えではない。
あくまでヒント。

これがミソ。

先日、自分より五つほど年長のお客さんと話してて、いきなりパーっと視界が広がったような気分になった。
そのお客さんが、自由気ままで、でもちゃんと責任も自覚してて、楽はせず、でも楽しむことを大切にしてて……

で、なんか話してたら急にビースティ・ボーイズのことを思い出してさ。

ああ、これだ!

って思ったの。
ああいう感じを目指せばいいんだって。
と言っても、全盛期じゃなくて、メンバーの一人が亡くなってしまった後、音楽活動休止してからのビースティだ。

残されたメンバーの年の重ね方を見て、ああこんな感じいいなぁと漠然と感じていたことが明瞭になったと言えば良いのか。

なんだか上手く言えなくてもどかしいのだが、まぁつまりそんな感じなのである。

で、それはとても幸福なことだと思っている。

では股旅