梅雨明けと共に欲望もうなぎのぼり

史上最速の早さでの梅雨明けですって?
数年前にも、ものすごい早さで梅雨が過ぎ去ったことがありましたが、あれより早いのですか?
ああ、そうですか。

すわ異常気象か?

なんて空気も流れているようですが、自分にとっては、まだカブトムシを一匹も捕まえられていないことの方が大事件なのです。
すでにクワガタは何匹もガッシガシ捕獲しているのに、カブトムシが全く見当たらない。
こんなこと今まで一度もない。
例年とは真逆の展開ですよ。
何かカブトムシたちに遭ったのだろうか?
それとも誰かが独り占めしてるのかしら?

こんな冗談めかしく話してますが、ホントこれが異常気象の確たる証拠だったりして……
だとしたら怖いな。

最近またフィッシュマンズをよく聴いてます。
ドキュメンタリー映画『フィッシュマンズ』を観た影響ですね。
面白過ぎて大事に大事に、一日十分ずつぐらい観てましたもの。
もうね、終わってしまうのが嫌でしたもの。
でも、終わりは来ちゃうんです。
で、その余韻を引きずって、そして味わいたくて聴いてるんです。
このくらい、思い入れがあるバンドがあるって幸福だなぁと思います。
大事にします。

プラモデルも作りたい。
本も読みたい。
海外ドラマ『ベター・コール・ソウル』の続きが観たい。
梅雨明けと共に欲望もうなぎのぼり。
あ、鰻も食べたいな。

それでは股旅。

それは多分きっと役に立つ

まだ息子が幼稚園に通っていた頃。
息子が小学生になったら、彼が学校に行っている間に思う存分ゆっくりじっくり作るんだぜ!
と鼻息荒く購入したプラモデル “1/48 メガサイズ ザク” なのだが、作るタイミングを逸して四年が経ってしまっていた。

で、ここに来て息子の中で生じたガンプラブームの怒涛の勢いに押され、とうとう開封したんだった。
最初は一緒に少しずつ作ろうってことになっていたのだが、息子はほぼ一人で四日で組み上げた。
そこに情緒などない。
ただただ早く組み上げたい一心で夢中で作っていた。

出来たら、ゆっくりためて作って欲しかったのだが、思い返せば私もそうだった。
多少雑だろうが、間違えてようがお構いなし。
ともかく早くゴールしたいのだ。
じっくり作るような精神性を身につけたのは、やっと中学生になってからだったもんな。
そう思えば、まだ息子はほんのちょっと抑えて作ってくれたのかも知れない。

で、息子が仕上げたものを、ヤツが学校に行っている間にさりげなく手を加える。
塗装と軽いカスタムもしたいが、それはちゃんと相談してからにしよう。

にしても、とんでもない出来の良さだな現代プラモは。
接着剤もなし、全てカチッとパーツが組み合わさる。
ちゃんと色分けもされてるから、塗装なしでも、これだけサマになるんだから凄い。

私がプラモ作りに夢中になっていた40年前は、そのまま組んでも全然カッコ良くならないから、塗装と改造が不可欠だった。
だから、自分の下手さを痛感出来た。
今のプラモには、それがない。
ササッとカッコ良く出来上がるのだ。

こんなことを書いてると、さも昔は良かったな〜なんて話を床屋のオッサンがし始めやがったぜ!
と鳥肌立っているかもだが、ご心配なく。
私は俄然今の方が良いと思う。
こんなカッコ良いのがちゃちゃっと組めるんだもの。
最高だよ。

組立説明書め懇切丁寧でね。
対象年齢8歳からってのも頷ける。
小学校低学年の子どもが一人で組めちゃうんだもの。
凄いテクノロジーだよ。

もし、このままプラモデル製作に飽きが来ないのならば、少しずつ難易度を上げていけばよい。
出来ることが、一つずつ増えていくのは嬉しいもんだ。
どんどん物作りに夢中になって欲しい。
床屋のオッサンも、あの頃の情熱を復活させちゃうぜ。
それは絶対、仕事に役立つからね。

股旅。

VINYL GOES AROUND

「近頃、よく聴いているな〜店で流しているな〜ってアルバムを紹介してくれませんか?」

そんな有難い声をお客さんから頂戴したのです。

「ネットを眺めても、あれも良いこれも良い!
みたいな絶賛の嵐ばかりで、なんだかどうにもね〜
この人だったら……あの店で流れているんだったら……ってフィルターを通せば、ほらなんだか信頼できる感じがするじゃないですか!」

そんなお客さんの御言葉に、ふむなるほどと納得。
確かにそうかも知れないなと思ったのです。
私自身も「鵜呑みにしちゃう」ってことだけはしないようにしなきゃな!
と一応気をつけているからです。
これは音楽に限らず、本や映画や、果ては政治の話までも含めて「鵜呑み、それダメ絶対!」と心しているのです。

そんな世知辛い中で、私の“感覚 & 感性” を信じてもイイぜ……なんて奇特な方がいらっしゃるなら、その熱い想いに応えなくてはいかんな!
と鼻息荒くしている次第であります。

そんなわけで、近頃よく聴いている & この時季オススメの一枚がこれ。

『Letting Up Despite Great Fault』の2009年発表のバンド名と同名タイトルのデビューアルバムです。
ドリーミーでポップで優しくて、そして温かい。
つまり最高なアルバムなのです。

帯に

“個々の記憶や思い出に寄り添い、哀しいも楽しいも一緒に過ごしてくれるあなたにとっても大切な一枚になるはずだ……”

だなんて書いてあるんですが、まさにその通り。
私はきっと30年後、自分が80歳を過ぎても、このアルバムに耳を傾けていることでしょう。

もし私が、その前に華麗に ゴートゥーヘヴン してたとしても、妻さんや息子や、ひょっとしたら孫が聴いてくれていることでしょう。
この私のレコードを。

何せ 「VINYL GOES AROUND」ですからね。
素敵ですよ。
レコードは、音楽は何しろ素敵なんです。
ロマンティックが止まらないんです。

また近々、素敵なレコード紹介させていただきます♪

股旅。

真夏の猫

ちょっと不思議な夢を見た。

夢の中で私はまだ中学生で、何故か
母親が田中裕子さんで父親が寺尾聰さんという設定。
画質がフィルムで撮った映画のような質感で、どうやら私は主人公のようだった。

父である寺尾聰さんが亡くなり、私と母である田中裕子さんは長年過ごした家を出なくてはならなくなった。

経済的な事情があったのだろうか。
母は、住み込みで働ける旅館へ。
私は、電車で一時間ほど離れた親戚の家に引き取られることになった。

その際、飼っていたネコを母も私も連れて行くことが出来ず、泣く泣く置いていくことになってしまった。

私は心配だった。
とても臆病なネコだったからだ。

それから数ヶ月ほど経った夏。
久しぶりに母と会うために電車に乗っているとき、差し掛かった橋の上から外を眺めていると、川原にうちのネコがいるのを見つけた。
私が暮らした家と今世話になっている家との、ちょうど中間ぐらいに位置にある橋だ。

どうして、こんな場所に?

と思ったが、とりあえず元気そうには見えたので安心はした。

その話を母にしたら、あの橋の近くにある神社に住み着いているらしい。
何匹かの仔猫と真っ白で美しい雌ネコと一緒にいるらしいという話を、かつてのご近所さんから聞いたとのこと。
今度、行ってみようと思っているのよ……と田中裕子さんは優しく微笑んだんだった。

帰りの電車の中。
その橋を渡るとき、不意に涙が溢れ出した。
涙が止まらない。
車窓の景色も周囲もかすんで見えない。
自分が何処にいるのかもわからない。
私はオンオンと声を上げて泣いたんだった。

と、ここで目が覚めた。
意味なんて無いだろうけども、これはきっと大事な夢だと思い、私はすぐにスマートフォンのメモ帳に今見たばかりの夢について細かく書き留めたんだった。

なんだろ。
なんだかちょっと気持ち良かったのよね。
夢の中ではあるけれど、思いっきり泣いたことが、泣けたことが気持ち良かったのよ。

ちょっと調べてみる

ネットを徘徊していると、ちょくちょく「ぬ?」と頭をかしげてしまう語句に遭遇するのです。

それはカタカナ言葉である場合が多く、僕的には何だかスカした感じがして “別に理解出来なくてもイイんだぜ” とスルーして、何となくわかったフリをしてその場しのぎをしてしまいがちなのですが、それもどうも向上心に欠けているし、ナイスミドルの立ち居振る舞いとは程遠いんじゃないか?どう?と思い直しているところなのです。

で、早速一番気になっていた『ダブルスタンダード』を検索してみました。

ダブルスタンダードとは、「二重規範」「二重基準」「二律背反」とも言い、対象によって適用する基準を変えること。例えて言うと、“自分と相手が同じことをしたのに、相手を許さずに自分だけ許す“ような考えで、略して『ダブスタ』と言ったりするらしい。

イイね、ダブスタ。何だか響きが良いね。

つまりこれは「オレは良いけど、アンタはダメ!」って、所謂ジャイアン的なアレですね。なるほど、これがダブスタか。

あんたそれダブスタだぜ!

と言われたくないな……と思ったのですが、息子と過ごす毎日の中で、自分がダブスタばかりなことをしていることに気づきました。でも、それは大人と子供だし、しょうがないんじゃ?とも思いますが、ちょっと意識してダブスタしないよう気をつけましょうかね。

ダブスタしない……使いかた間違ってます?

ここまで書いて気づいたのですが、「ダブルスタンダード」って言葉を僕が使うことはないですね。どうにか日本語で伝えるようにする。その方が「知的」なような気がしませんか?しませんね。

何処かの都知事が、やたらカタカナ言葉を使うイメージなのですが、アレって何か狙いがあるんですかね。
サステイナブル?ダイバーシティ?フィンテック?
気持ち良いぐらい珍紛漢紛です。それより、“ちんぷんかんぷん” って、漢字にするとこうなるってことの方が興味津々だしワクワクしますわ。

あ、でも「ディスる」は好きです。