滑稽上等

IMG_5981

おはようございます。
昨日はちょいとのんびり気味の営業。
そして今日は木曜日だというのにすでに満席のご予約を頂戴している次第。
相変わらず、荒海を航海しているようなエブリデイ。
ありがとうございます。

いつもだったら息子が起きてきて、カブトムシ採りに行こうぜ!と叫び出す時間ですが、今日はまだ。
これはチャンスとPCに向かい日記を書き始めました。
今は夏休みですからね。
息子が幼稚園に行っているうちにサラリと日記を更新ってわけにもなかなかいかないわけです。
BGMは阿部海太郎。
外からは鳥のさえずり。
過ごしやすい涼しい朝。
フィルソグー。

せっかく日記を書くのだったら、やはり写真もつけねばと思っているのですが、これが結構厄介。
毎度、どんな写真を載せるかで暫し思案しているのです。
かつては、拾って来た画像をちょちょちょいと加工して載せたりしてたのですが、今の時代それはイカンと。
なので、あれこれ自前のものでと考えているのですが、あまり自分の写真を載せるっつーのも、どこかで「自分大好きだね〜」と笑われそうで躊躇してしまうのです。
でも、一つの椅子で一人でやっている店ですから、気をつけないとワンパターンになってしまいますしね。
そりゃまあ、朝からくだらないことで悩んでいるのです。

今回の画像はセルフタイマーで撮りました。
午前六時のDOODLIN’ BARBER SHOP と私です。
白状しますと5枚は撮りました。
こうじゃないそうじゃないああじゃないと一人悶絶し、これだ!と確信したわけではない自分の写り込んだ写真を選ぶ。
はたから見たら、なかなか情けない滑稽な姿でしょうね。
でも、滑稽上等です。
そういう自分、そういう仕事への心構えで良いんじゃないかと。
勝手に納得しようと思います。

さて。
そろそろドタバタと息子の足音が聞こえてくる頃合いですかね。
こんな時間じゃカブトムシしかいないよ。
そう、クワガタを採るにはもうちょい早く行かないとなのです。
でも、息子はカブトムシが採れれば満足っぽい。
自分で見つけて、自分の手で採る。
四歳四ヶ月でそんな体験をさせられたのは良かった。
きっと息子の中でずっとずっと残る成功体験になるでしょう。
僕がそうだったように。
父が僕にそうしてくれたように。

それでは股旅。
営業前の虫採りに行って来ます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です