本読みたい

IMG_6108

今朝、五時に息子に叩き起こされ、いつもの雑木林に向かった。
狙いはもちろんクワガタ&カブトムシである。
その道すがら、ぼんやりと「この辺に住む人たちはネットがまだない頃は本一つ買うのも大変だったろうなぁ」だなんて考えた。
それってちょっとキツいよなぁと思ったんだったんだった。

ノコギリクワガタとコクワガタのオスをそれぞれ一匹ずつゲットし、それからコンビニに立ち寄った。
雑誌売り場をざっと眺めた瞬間、目に飛び込んで来たのは『POPEYE』だった。
だって表紙にドンと「君の街から本屋が消えたら大変だ!」なんて書いてあるんだもの。
ほんのちょっと前に自分がぼんやり考えていたこととあまりにリンクするので、これは買わねばなとレジへと持って行ったんだった。

常々、僕は街が街として文化的に成り立つためには本屋とレコード屋が必要だって思いがあって、でも今となってはドンドン減っていくばかりで、街が味気ないものになって来てるよね〜だなんて痛感していたんだった。
でも、この『POPEYE』の特集で、日本各地にまだまだ魅力ある本屋があると知りホッと尻を撫で下ろしたんだった。

イカした本屋がある街にはイカしたレコード屋もあるもんである。多分だけど。
一応、言っておくが、この『レコード屋』ってのはレコードだけしか売ってないって店ではなく、CDだけしか売ってない店でも、僕的にはレコード屋と呼ばせていただいている。
だってほら『CD屋』ってなんだか響きが寂しいじゃないですか。
ダメですか?

そんなわけで、こんな特集を組んでくれる雑誌があることに感謝感謝なのである。
ところで、何方かうちの近くに素敵な本屋、レコード屋を開いていただけませんかね?
僕、通いますんで。

新調した老眼鏡が良い塩梅なのである。
つけ心地も良いし、気分も良い。
もちろん字もよく見えるし。
良い良い尽くしなのである。
(選んでくれた妻に感謝!)

でも実は、最近そんなに本を読めてない。
ついでに、実は映画もそんなに観られてない。
なぜなら、近頃テレビが面白いから。
面白い番組を録画しといて、それを観こなすのに精一杯だから。
まあ、それはそれで結構充実している。
読書ブームは、またすぐにやって来る。
今こうやって、こう書いているうちにも本を読みたくなっているから。

あ、一昨日映画を映画館に観に行きました。
なんと五年ぶり。
我が人生を振り返っても、五年間映画館に行かなかったのは初めてだ。
久々の映画館はやはり良かった。
これから、ちょっと映画館での映画鑑賞をクセにしたいもんである。
ちなみに観たのは『カーズ/クロスロード』。
最高だった。
五年ぶりに映画館で観るにふさわしい傑作だったと思う。

四歳四ヶ月の息子に上映時間二時間を耐えることが出来るかってのも大きな難題だったが、どうにかクリア。
これから、家族三人で映画館に行く機会を増やせたらなと思う。
だって、それってほら。
凄く幸福感溢れる感じじゃないですか。

さてと。
いつも通り、支離滅裂な日記になって来たので、そろそろ撤退します。

おやすみなさい。

DOODLIN’ BARBER SHOP 店主 高崎哲平

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です