何度目かのブーム到来

IMG_7755

おはようございます。
連日の晴天続きで秋うららですね。
晴れやか気分とは裏腹に、僕の中では何度目かのニール・ヤングブームが来ております。
数年に一度訪れるニールでヤングな気分。
これは秋晴れ続きだからこそのものかもしれないですね。
人はギャップを求めるものなのだと思います。
さて。
こうなると俄然ギターを弾きたくなるのです。
だけど僕にはギターがない。
キミに聞かせる腕もない。
心はいつでも半開きなわけですが……すみませんちょっと嘘つきました。
ギターはあるんです。
それも途轍もなく格好良いギターが。
高校時代からの友人カワサキが「このギターはテッペーの店にきっと似合うと思うぜ」と無期限で貸してくれたGretsch “G6138” があるんです。
これをジャカジャカ弾いてみたいじゃないですか。
そのギター、別にニールでもヤングでもないんじゃない?だなんて無粋なことは言わないでください。
白状しますと、この思いはビートたけしさんがインタビューでこんなことを言っていたのにも多分に影響されています。
『あまりにも時間を無駄遣いしたなと最近気がついたの。
そういう時って、たいてい人生長いことないんだよね。
だから自分はあと何年と考えると、やってみたいことがたくさんある。
今やらないともう終わるなって。
ピアノの練習をしたり、絵をまた描き直したり、小説書いたり。
ほんと酒飲む時間がなくなっちゃったね。
ピアノは先月また新しいのを買った。ただ、弾いてるのが「もしもピアノが弾けたなら」。
情けないよ。
けど、あれ意外に難しくてね……』
僕もすでに四十六歳。
まだまだ先があるぜとも言えるが、人生何があるかわからんもんです。
十年前に考えていた十年後である今現在。
予想通りになっていることなんてほとんどないですもの。
何度も何度も「ギターやりたいぜ!」と十代の頃から吠え続けて来ましたが、さすがに潮時かと。
いつやる?
今でしょ!
なわけです。
そりゃやるなら上手くなりたいですが、別に下手でもいいんです。
出来なかったことが出来るようになる。
わからなかったことがわかるようになる。
それだけで楽しいじゃないですか。
いやもう、楽しければそれで良いんじゃないかと。
僕の父も七十を過ぎたあたりから、ラジオ英会話を始めましてね。
当時は「いつ話すの?いつ使うんだよ?」だなんて、下衆で浅はかで卑しい思いを抱いていましたが、今ならわかるぜ、父さん。
別に話さなくても使わなくても良いんだよね。
そりゃ使えるチャンスがあれば最高だけど、その前に学ぶことが楽しいんだよね、父さん。
つーわけで、人生で何度目かになるギターやるぜ宣言です。
ニールでヤングなのも良いけど、ニックでドレイクなのも良いですね。
ジャンゴでラインハルトなのも良いし、竹原でピストルなのも良いし、岡林で信康なのも良いな。
ホント理想と妄想だけは一丁前です。
今日は定休日。
積極的にガシガシ休もうと思います。
それでは股旅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です