俺のアディダス

IMG_8361

数年前から仕事用にと愛用している adidas campus 。
今年はこれだねとずっと目をつけていたグレーを手に入れた。
これで何足目になるんだろうか。
ササっと記憶を辿ってみたが、五、六足目。
いや、六、七足目ぐらいになるか。
さっき、この日記用にと今使用しているオレンジとその前のネイビーと新品のグレーを三足並べて写真を撮ろうと思ったんだけど、悲しくなるぐらいオレンジとネイビーがボロっちくて撮るのをヤメた。
今後も adidas campus を履き続けようと今さっき決意しました。
なんかそういうのイイじゃないですか。
歴代のものを取って置こうかしら……なんて考えも一瞬頭を走ったがヤメた。
履けなくなったらさっさと捨てよう。
なんかそういうのイイじゃないですか。

こんなこと書いていると、それはもう竹原ピストルの “俺のアディダス ~人としての志~” を聴きたくなるのは当然至極なのです。
そして、今更ながら「え?これってもしかして?」とピンと来たんで調べてみたら、やっぱりこの曲はダウンタウンの松本人志さんに贈った歌だったのでした。
アディダスが好きな松ちゃん、このまま売れないんじゃないかと不安に苛まれていたときに、自身の映画『さや侍』の主題歌を歌って欲しいとオファーしてくれた松ちゃんのために書いた歌。
そうか、この曲のサブタイトルの「人としての志」ってのはそういうことだったんですね。
鳥肌立っちゃいましたよ。
こんなのシビれてしまうに決まってるじゃないですか。

 

そして烏滸がましくも、これからずっと adidas campus を履き続けるんだぜと決意した今年四十七歳になる床屋のおやじさんの想いとクロスオーバーさせてみたりしたりして。
ダウンタウンの松本人志さんに贈った歌といえば、THE HIGH-LOWS の “日曜日よりの使者” もそうでしたっけね。
どっちも格別イイ歌ですよね。
こんな素晴らしい歌を贈ってもらえるだなんてスゴいな。
しかも甲本ヒロトと竹原ピストル。
お金でどうこうなるもんじゃないですもんね。
スゴイな。
ホント凄いです。

 

今回手に入れた adidas campus のグレー。
サイズは27.5です。
店員さんに合わせてもらったんですけど、僕の足幅だとこのサイズがちょうど良いのだそう。
明らかに、つま先はスッカスカ。
でも横幅はジャストフィット。
体型と一緒ですな。
いつもの感じだと、次の履き替えの時期は夏前ぐらいか。
今度は何色にしようかしら。
死ぬまでに何足履けるかな。
ずっと履き続けるスニーカーを決めただけで、いろいろと楽しみが増えました。

 

それでは股旅。

 

《お知らせ》
十四日日曜日は、友人の結婚式に出席するため十四時半からの営業となります。
ご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です