そこにあったのは物語

IMG_2845

こんばんは。
夕暮れ時に吹いた風にほんの少しだけ夏の終わりを感じました。
なので、こんな気分のときにはこれだねとハイロウズの “アウトドア派” を聴きながらこの日記を認めております。
相変わらずイイ曲だなと。

 

 

音楽は、かつての自分の心のときめきを真空パックしてくれています。
一瞬でその曲を初めて聴いたときの気持ちに揺り戻してくれます。
それはとてもステキなことなのですが、それと同時にいつまでも足を引っ張って大人にさせてくれないものでもあるのです。
でも、そんな曲は実は滅多にないもので、しかもそんなに好きじゃない曲だったりすることもあるから不思議です。
なんなんでしょうね。
まったくもう。

 

 

真空パックされているから、多分きっと七十代ぐらいになっても余裕で聴いているはずです。
それであっちゅう間に十代の頃に気持ちが揺り戻されちゃって、嬉しいような寂しいような哀しいようなくすぐったい心地になるのでしょうね。
でも、それイイな。
そんな感じになるんだったら悪くないな。

 

 

先日、家族でホームセンターに買い物行ったら、その場でご希望通りのレイアウトでレトロ風味の看板を描きますよってなポップアップショップが出店してましてね。
これはもう描いてもらうしかない!
と鼻息荒く注文いたしました。

 

 

DOODLIN’ BARBER SHOP にカタカナでフリガナを。
枠もつけて。
ベースのボードの色はベージュで。
あとはお任せで。

 

 

そんなオーダーをしました。
最初はネイビーのボードを選んでいたのですが、妻ちゃんに相談してベージュへと変更、出来上がりを見たらこれがジャストミートでしたね。

 

 

実にイイものを描いていただきました。
選色も任せて良かった。
こうなるともう、もうちょっと大きいものも、そして小さいものも描いてもらえば良かったなと思いました。

 

 

なんとなく注文して、なんとなく描いてもらった感じでしたが、僕は大いなる刺激を受けました。
こういう「仕事」のあり方。
描いてくださった方の佇まい。
なんかこう、良かったんですよ。いろいろと。

 

 

そこにあったのは「物語」でした。
大事ですよね、物語。
それを感じられるかどうか。
それがあるかどうか。

 

 

ある意味、何もかもがそれ次第なのかも……だなんて感じ入る夜であります。

 

 

さてと。
何か映画でも観ようかしらん。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です