いつも聴こえてくるのは あのメロディー

IMG_3287

もう随分前の話になるが、父が数十年も前の家族写真を出してきて
「この頃が一番幸せだったのかもな……みんな若くて元気で……行きたいところに行こうと思えば行けたし、やりたいこともやろうと思えばやれたんだよなぁ……」
とちょっぴり寂しそうに微笑みながら見ていたことを時折思い出すのである。

 

 

その父が見ていた写真に写っていた私は幼稚園児ぐらい。
つまり、私の息子の今現在の年齢と同じほどなのだ。
(兄たちは中学生と高校生。母は三十代半ば父は四十代前半ってところか)
そのせいか、父のそんな思いと今の自分がの眼差しとがシンクロするのである。
子猫と遊ぶ息子、それを見つめる妻さん。
そんな家族の風景。
数十年経ったら、輝かしい一時だったなと思い返すのだろうか。
そんな一瞬を脳裏に刻み込んでおこう。
だなんて手前勝手なセンチメンタル満載の日々を過ごしている。
まあ、自分もいつの間にやら年を重ねたなって話である。

 

 

話は変わるようで繋がっている話。
近頃、ラジオ体操や柔軟体操が効いている。
若かりし頃は、こんなのやる意味あるの?などと痛い勘違いをしていたが、四十路半ばも過ぎた今。
これが効く。
全ての動きがガタピシになってしまったマイボディをガッシガシほぐしてくれる。
ピョンピョン飛び跳ねるだけだぜと軽く見ていた跳躍や、腕を前から上に上げて大きく背伸びの運動もバッキバキと音を鳴らす。
まあ、これも自分もいつの間にやら年を重ねたよねって話である。

 

 

年を重ねたなぁというか、オッサンになったよなぁと実感したことをもう一つ。

 

 

真心ブラザーズの新曲『メロディー』がやけに響くし沁みるのである。
これはもう、いつか行われるであろう私の葬式で是非とも流してもらいたいと思うぐらいに。
メロディーも歌詞も入って来てしょうがないのだ。
♪やりたいことなんか そんなに見つからなくて
やるべきことと 退屈で 時間は過ぎる

それでも楽しく生きる覚悟を 矜持を
大丈夫 安心して みんな本当は退屈してるから

退屈を怖がるな 退屈と共に在れ
それでもなるべく 聴きたい音楽を 読みたい本を
身を置きたい気持ちイイ場所を求めて

ほら いつも聴こえてくるのは
あのメロディー
誰の声だか知らないが 幼子のように従ってしまう
そして 心の奥から確かな力を感じるんだ……♪

 

 

この歌と出会えて幸福だ。
感謝したい。

 

 

私にも、いつも聴こえてくるメロディーがある。
そして私も、そのメロディーが聴こえてくるとヘソと心の奥から確かに力を感じるのだ。
ずっと確かにあったそういう思いや感じ方を歌にするって凄いね。
YO – KING 、あんた凄いよ。

 

 

股旅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です