なかなかの贅沢

AA81E635-B743-415B-AA6E-C5AE7764F7D5
さて。
この友人が描いた絵をどう飾ろうか。
店に飾るか、それとも自宅に飾るか。
おっとその前に、どんな額装にしようかな。
こんなことをぼんやり考えている幸福。
友人が描いた絵が好き。
そしてその絵を飾りたい。
これってなかなか有難いことなのではと思う。
なかなかの贅沢だなと感じる。
この友人とも長い付き合いになった。
今後も彼が描く絵を見続けたいと思う。
アラヤン、いつもありがとう。
これからもよろしく。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です