まだまだ全然修行が足りないのです

むちゃくちゃ手前味噌な話になりますが、先日、晴れて納品となった新作DOODLIN’ オリジナル Tシャツ の出来にとても満足しているのです。
どれだけ満足しているかを伝えたくて、むちゃくちゃハイテンションで自撮りしてみたわけです。
iPhone のカメラをオートタイマーでセットして、アングルとポーズをほんの数秒考えて、何枚か撮り直しました。
こういうことやっていると「ホント自分大好きだね〜」と嘲笑されるのですが、それは違うんだよとは言い切れない思いがあります。
自分が好きだとまでは言えませんが、嫌いではないんですよ。
バカみたいにちょっとだけ自惚れているってのはありますね。
開き直って言いますが、そもそも自分の店をやろうっつー人間が自分を嫌いってあまりないと思うのです。
何せ自分を切り売りしているわけですし。
自分の感覚とか感性とか技術とか人間性とか、そういうのをむき出しにしているわけで、ちょっとぐらい自分が好きじゃないと発狂しちゃいますよ。
なのでどうか大目に見てください。
今私はこの日記を「ブギ連」を聴きながら書いてます。
そう、昨日発売された憂歌団の内田勘太郎さんとクロマニヨンズの甲本ヒロトさんとのブルーズユニットの1st アルバムです。
二人が一緒にやるという情報は掴んでいたのですが、まさかこんなに早くアルバムを出すとは油断しておりました。
昨日来てくれたお客さんが開封したての CD を持ってきてくれて「テッペーさんはもちろんアナログでしょ?」と言われ慌てて検索してみたものの時すでにTOO LATE。
超限定発売だったらしく、発売日だっつーのにもう二倍以上の高値で売り出されておりました。
しかしまあいつも思うのですが、これってどうなの?
転売目的で買っている輩がいて、そいつらのせいで本当に欲しい人の手元には届かない。
それが社会の仕組み?
冗談じゃないっすよ。
まったくもうお茶をくれもう一杯っつー感じっすよ。
ついでになりますが、スーパーなどで「右折入庫禁止」とかハッキリと書かれているのに、平気で右折入庫するクルマがいるけど、あれって字を読めないんすかね?
ああいうとき
「もう絶対に行かせねーからな!」
って悪魔みたいな自分が出てきちゃうのですが、この話をあるお客さんにしたら
「そういうときは行かせてあげるんですよ。
確かに向こうがルール破っているし、腹立たしい気持ちもわかりますが、そのクルマの後ろに並んでいるクルマたちが、そこで無駄な時間を食っているわけですからね。
そこをグッとこらええれば、多くの人のストレスが軽減されるんですよ……」
と言われて目から鱗が落ちまくりました。
これはもう聖人レベルの対応だなと。
でも、今の自分にはまだまだ出来なさそうです。
まだまだ全然修行が足りんようです。
精進精進。
股旅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です