そこには大抵意味があったりするものだ

IMG_8901

ただいま当店では通算五十数回目となる TODD RUNDGREN ブームが訪れております。
もちろん店内ではヘビーローテーション。
僕の脳内でも幻聴のようにずっと鳴り響いているのです。
嬉しいのは、結構な数のお客さん方が「お!トッド・ラングレン!」と気づかれることです。
僕が生まれた翌年、1972年に発表されたアルバム『Something/Anything?』。
つまり四十六年前に遠く米国で作られた音楽が、極東のしかも郊外の場末にある床屋でさらりと流されて「お!イイね!」だなんて感銘を与えていると云うスペクタクル。
想像すると凄いことですよね。

 

昨夜は新所沢の公民館的酒場 HOBO’s までお出かけ。
友人のハセドン(名店『手打うどん長谷沼』店主)とアラヤン(僕が大好きな絵を描く画人)と会合。
HOBO’s 店主の三木先輩(僕の通った中学の二個上先輩)も交え、楽しい話が咲き乱れました。

 

楽しい話をしている間にも、僕の脳内ではトッド・ラングレンが鳴り続けていてちょっと困りました。
三木先輩が流してくれる、竹原ピストルや踊ろうマチルダが遠くで聴こえてしまうぐらいに。
でも、これにもきっと意味があるに違いない。

さてと。
次のマイブームは何かしら。
先日観始めた映画『ムーンライト』がとても面白かったので続きを観るのが楽しみなんだったんだ。
それからいろいろ待ち受けている本もある。
新作Tシャツの制作にも着手したし、どうやらまだまだいっぱいワクワク出来そうだ。

 

股旅。

その流れに身を任せ

IMG_8806

どうもこんばんは。
ドドドンと一気に春めいて来ましたね。
確定申告も無事提出しボディアンドソウルが解放感に包まれております。
面倒くさい、かったるいとボヤキながらも、いざ終えてみるとまあいいもんです。
これでもかってぐらいに自分の仕事ってものと対峙させられるのも、まあいいもんです。

 
ここ最近、お客さんがお帰りの際に次回の予約をしてくださることがちょちょちょいと増えて来ました。
これが嬉しいったらありゃしないのです。
生活サイクルの中での散髪の位置付けが、それなりのポジションにあるということですからね。
いやはや、ありがたい。
そうなってくれたら良いのになと思いつつ、私の方から次回の予約をオススメすることはありませんでした。
なんだか、おこがましい感じがしちゃいましてね。
こんな遠慮、もしかしたら全然必要ないことなのかもだけど、私の中では大事にしておりまして。
自然発生的に、そうなってくれればなと甘ちゃんそのものな考えで、これまでやってきたわけです。
それが不意にそうしてくれる方が増えてくるのだから面白い。
何がどうしてそうなったのか……ちょっと分析しようかと思いましたがヤメました。
このまま流れに身を任せようと思います。
春の訪れとともに、何だかイイ感じ。
そんな感じなんです。

 

今、この日記を書きながら The Oh Hellos を流しているのですが、これもまたイイ感じ。
自分のテンションや、置かれている環境、状況に合わせて選曲出来るって幸福ですね。
この後は、Todd Rundgren の “Something/Anything?” を流そうと思います。
これ、超名作アルバムですよね。

何だかイイ感じ。
そんな気分なんです。

おかげさまでイイ週末を過ごせました。
ご来店くださいました皆々様、ありがとうございます。

 

明日は定休日となります。

 

DOODLIN’ BARBER SHOP 店主 拝

青春狂走曲

IMG_8795

雨のち晴れ。
一気に春めいて来たのと同時に花粉ちゃんの猛攻も始まりましたね。
先ほど、市販のアレルギー専用眼科薬をビシッと注入したら効き目抜群。
こいつがあればどうにか乗り切れられそうです。
ここ最近、仕事道具のテコ入れを図っています。
もちろん、より良い仕事をするためです。
バリカン一つとっても、その仕上がりの表情は千差万別。
お客様の要望も人それぞれなわけです。
極力短めスタートの刈り上げに対しては、0.5mm スタートでやって来たのですが、0.1mm スタートが出来るっつー代物を導入しましてね。

「髪なんてすぐ伸びちゃうんだから、たかだか二、三日の違いでしょ!」

というのは簡単なわけで、

「だからこそ、その二、三日を大事にしなくちゃなのでは?」

と思い至ったわけです。

やはり、私の仕事は切った直後、それこそが最高の瞬間であるべきなわけで。
四、五日、経ってだんだん馴染んで来た感じ……なんてのはダメだとは言いませんが、そういう仕事をするのはもうヤメようぜ、ヤメようよ!
と、これまた思い至ったのです。
それこそ、手間暇もかかるわけで、一人あたりの所要時間も当然アップしますが、そういうの大事だし、そういうのイイじゃないですか。
多少の今更感はありますが、まだ間に合うはず。
そう信じて、今日もバリバリ刈り上げようと思います。

さてと。

サニーデイ・サービスの「青春狂走曲」でも聴いて気合い入れましょうかね。

それでは股旅。

 

 

そこ抜いて行こうぜ

IMG_8744

月日の経つのは甚だスピーディなもので、うちの息子も来月で五歳になる。
四月から幼稚園の年長さんになり、来年には小学生になるっつーんだから驚きは隠せない。
ぼんやりしている場合じゃないぜとランドセルのカタログ請求もした。
これこれ、これなんだよっ!って意中のものをゲットするには、春過ぎぐらいには注文をしないとダメだっつーんだから参った。
ジタバタするなよホコリが立つぜと余裕綽々でいたいところだが、そうもいかないようだ。
息子に「何色のランドセルがいい?」と訊いたら「ムラサキ!」と即答されたのには驚いた。
いやいやさすがにパープルはないだろと思ったら……あるじゃないっ!
バットマンのジョーカー、もしくは殿下(ミュージシャンのプリンスね)の影響なのか。
ともあれ息子の未来は明るい!
そう思ったんだった。

 

先日リリースされた くるり の新曲『その線は水辺線』がすこぶる良い。
最初は「ん?」と思ったのだが、聴いているうちにみるみる良く感じて来る、このフェードインな感じ。
いろいろ様々表現ってものをする上で理想的だなと思うのである。

OKAMOTO’S のベーシストであるハマ・オカモトが

「くるりの新曲、すごい。素敵。
普通のバンドがさー録音するぞ!
ってスタジオ入って録れる演奏じゃない。
こんな音と演奏で録れない。
ふつーは力む。」

と言ってて、なるほどと思った。
力んでいない……そこが凄いところなのだな。
でも、これは確かに言えている。
力んでいない物事ってのは得てして魅力的なのだ。
どこでどう抜くか。
抜くぜって意識したら、それはちょっとダメ。
気づいたら抜けてた。
もしくは「え?抜けてた?何が?」ってぐらいになりたいものである。
まあ、こんなこと書いている時点で全然抜けられないのだけれども。

 

幼少時から父に本を読め読めと耳にタコが出来るぐらい言われ続けてきたが、この年齢になってやっとどうにかちょっとだけ、父がなぜそう口が酸っぱくなるほど言い続けてきたかがわかってきた。

だから、私も息子に本を読むべし読むべし、ひじを左わき下からはなさない心がまえで……やや内角をねらいえぐりこむようにして読むべし!
と鬱陶しがられるぐらい言おうと思う。

読書は絶対に心を豊かにする。

これは私が四十六年間生きてきて、数少ない自信を持って言えることの一つだ。

憧れのナイスミドルへの道は長く険しい

クルマを運転中。
細い道で対向車を察知するや否やスペースを見つけ停車させ「どうぞどうぞ〜」と道を譲るようにしているのだが、手を挙げるでも会釈するでもスマイルするでもなく華麗にスルーされると猛烈にチリチリする、そんな些細なことにチリチリする自分にさらにチリチリすると云う無限チリチリスパイラルに陥るのが嫌なんですよね〜
僕はあの瞬間『機動戦士ガンダム 第34話 宿命の出会い』のある場面を思い出すんですよ。
非武装地帯で主人公アムロ・レイのクルマがぬかるみにハマったとき、敵であるシャア・アズナブルに遭遇し、そのシャアに助けられ無事クルマをぬかるみから出すことが出来るのだが、アムロはシャアを前にし呆然とするばかり。
そんなアムロを見てシャアがこういうのです。

『目の前に敵の兵士を置いて硬くなるのはわかるが、せめて礼ぐらいは言ってほしいものだな、アムロ君』

あの場面が脳裏に浮かぶんですよね〜

なんて話をお客さんとしておりましたら、そのお客さんに言われたんです。
「僕も以前はチリチリしてましたよ。
でも、僕が首を悪くしたときに、同じ場面に幾度か遭遇したのですが、ホント首が痛くて何もリアクション出来なかったんですよ。
悪いな〜と思いつつも。
だから、それから僕は思うようにしているんです。
『あ、あの人もきっと首が悪いのかもしんまい。そうじゃなくてもきっと何かしらリアクションすることが出来ないのっぴきならない事情があるに違いない』とね。
そもそも、相手はアムロじゃないしテッペーさんもシャアじゃないし!」

このお客さんの言葉を聞き、僕はハッとしてグッと来たのでした。
チリチリする前に、ムッとする前に、相手がなんでそんなことをするのか考える……。
これを実践することによって、また一歩憧れのナイスミドルに近づけるに違いないなと。
近しく親しい間柄の関係では、ある程度出来ていたことなのですが、通りすがりの方々にはなかなか出来るものじゃありません。
でも「出来るかな?じゃないよ。やるんだよ!」と云うノッポさんの名言もありますし、ここはやはり実践実践また実践だなと。
そう繰り返すことによって、人はやっと習慣化できるものなのだと。
そう思い至ったわけです。
四十路半ばにして、やっとこの境地を目指し始めたわけです。
でも遅いってことはないはず。
ナイスミドルへの道は長く険しいのは周知の事実。
一歩一歩進んで学んで得ていくしかないんですよ。
悲しいけど、これ人生なのよね。
それでは股旅。