それが正解

IMG_2728
四年前に店前に植えた白樺がココに来てグググイと枝葉を広げている。
随分と大きくなったもんだとコッソリ嘆息したりしているのだが、こんな何でもないようなことが幸せなのだと感じ始めた48歳の床屋のおやじさんである。
息子の中ではただいま空前のコウンブームが来ている。
小学校から帰宅するなり「今日、転校生が来たんだ!」と云うので、なんて名前のコ?と訊くと「コウン!」と叫ぶ。
転校生の名前がコウン?
そんなことは有り得ないわけで、大笑いしてしまうわけだが、そこがまた息子にとっては嬉しいポイントらしく、ますますコウンコウン言うのだ。
息子がハマっているマインクラフトと云うゲームの中でも、何かに名前を付けるとき「コウンちゃん」にしようとしていた。
だがしかし、ゲームはそれを拒否したのである。
「その名前は、どこかで誰かが不快に思う可能性があるからダメ!」とのこと。
ゲーム、偉いぞ!

思い返せば、私にも幼少時コウンブームがあった。
誰もが毎日せっせと出すものなのに、何がどう面白いのか全然説明出来ないのだが、子どもにとっては最高のオモシロネタなわけで、だからきっと「コウンドリル」なんつーふざけたものが飛ぶように売れるのだろう。
確かにあのドリルだったら、オモシロ楽しく勉強が出来そうだもの。
考えた人、すごいぞ!

それにしても山里亮太さんと蒼井優さんの結婚には驚いた。

あの記者会見は良かったな〜
二人ともカッコイイなと思った。
なんかさ、そこら辺に転がっているしょうもないコウンみたいな概念をぶっ飛ばしてくれるような痛快さがあったぜと感じるのである。
大橋トリオさんが、インタビューで曲作りの際に
「自分が踊りたくなるかどうかが大事。それがたとえダンスチューンでなくても踊りたくなったら正解。バラードでも自然と身体動いちゃうようだったら正解」
みたいなことを言ってて、これもまたコウン的概念を気持ちよく吹っ飛ばしてくれる痛快さを感じたんだった。
ダンスチューンでなくても、それがバラードだろうとも、自然と身体が動くような音楽……
自分もそういう音楽が好きだぜとおこがましくも勝手に共感させていただいた。
そして、それは嬉しい発見でもあった。
ありがたし。
 
 

神様が見ているよ

IMG_2696
例えばの話です。
今日は十人のご予約をいただいている。
これはなかなかの大忙しだぜ燃えるぜって日に一人目のお客さんに話したネタが大ウケだったとします。
こんなに笑っていただけるのなら……
と、そのあとのお客さんに同じ話が出来るかっつーと、それが出来ない自分がいます。
なんだかほら。
神様が見てる気がするじゃないですか。
「ウケたね。良かったね。
でもそれまた他のお客さんにも話すの?
ウケることがわかったから、こりゃ鉄板ネタだぜって連発しちゃうの?
ふ〜ん……へ〜……それってちょっとイージーじゃない?
まあ、神様別にそれでもいいけどさ……」
って、こんな感じに神様に思われちゃいそうじゃないですか。
だから出来ないんです。
多少アレンジを変えて話すこともありますが、基本十人十色のお話をしています。
テレビを見ててですね。
芸人さんが、前にも見たことあるネタをやってることってあるじゃないですか。
あ〜これはもう鉄板だ、これなら確実だって思ってやっているんだなぁって思っちゃうんですよ、私。
実にイヤな視点で見ちゃっているんですよ、オレ。
でも、ダウンタウンの松っちゃんがエッセイか何かで書いてましたけど、ダウンタウンのは同じネタは二度とやらないらしいですね。
きっと、ダウンタウンのお二人も「神様に見られている!」って感じちゃっているんですよ。多分。
だけどもだけど。
数日経つともう神様効果薄れちゃってですね。
同じネタをバッシバシ話しちゃったりすることもありましてね。
最悪の場合、同じネタを同じお客さんに話しちゃっているときがありますからね。
「あ、その話聞くの千回目です!」
恥ずかしくて気絶しそうになりますね。
さてと。
草むしりの続きをやりましょうかね。
草むしりをした翌日に、庭に興味津々なお客さんが来たりしますからね。
うふふ。

コンクリートなんか かち割ってしまえよ

IMG_2679
六月まで我慢しようと思っていたのだが、ここ最近の連続真夏日に耐えきれず今年も半ズボン生活突入。
48歳にもなって、これってどうなのよ?
って気持ちも無きにしも非ずではあるが、半ズボンのヒューヒューさ加減には敵わない。
このフリーダムさ加減には到底太刀打ちできないのである。
近頃やけに くるり が歌う「男の子と女の子」が響く。
以前はそうでもなかったのに、急にいきなりサドンリーになぜか響き始めたんだった。
ちょっと川崎の事件の影響もあるかもしんまい。
この曲は、公園で遊んでいた幼稚園児たちを見て書いた曲らしく、それを聞いてなるほどだからか……とも思った。
歌詞の中でも特にこの部分
♪小学生くらいの男の子
世界のどこまでも飛んでゆけよ
ロックンローラーになれよ
欲望を止めるなよ
コンクリートなんかかち割ってしまえよ
かち割ってしまえよ……♪
にグッと来る。
息子の遊ぶ姿がグワングワンと頭を回る。
息子よ、世界のどこまでも飛んでっちゃえよ。
父さん、僕もいっちょまえに父親になったようです。
川崎の事件に尋常じゃないくらい心痛めています。
なんだかいろいろ厳しいことをいう人がいるので、「死にたいなら一人で死ね」とは言わない。
ただ「赤の他人、特に子供を巻き添えにはしないでくれ」とは言いたい。
さてと。
『続・横道世之介』でも読もうかな。
 
 
 
 
 

放っておいても いずれそうなる

E9E30332-8E3A-42A4-BA17-B0C6F25A4732
オリンピックのチケット抽選申し込みをしようと思う。
開会式とそれから何かしらの決勝戦を選ぼうかなと。
なんだか最近思うのが、いつか来るその日ってのは、ちゃんと来るよなぁってこと。
賢い貴方はそんなの当たり前だと笑うかもだけど、息子がまだ小さかった頃に「いつか小学校に行くようになるんだよなぁ」と思っていたことが、ちゃんと現実にその日が来ることが有難いと云うか尊いと云うかね。
ちゃんと日々は重なるし時は流れているんだなぁってね。
しみじみしちゃうのだ。
オリンピック、当たるとイイなぁ。
楽しみにしていた 吾妻光良 & The Swinging Boppers の新譜が届いた。
前作から五年半ぶりですか、そうですか。
僕は3rdアルバムの「ストンピン&バウンシン」から聴いているのだが、そのアルバムが出たのは1991年。
当時スカパラが大好きだった僕に友人が「こういうカッコイイおっさんたちもいるよ」と教えてくれたのだった。
バンマスの吾妻さん、現在63歳だそうだが、ってことは3rdアルバム出したときはまだ35歳だったのか。
当時20歳だった僕からすると人生の大先輩のように見えたが、そうかまだそんなに若かったのか。
とっても変な感じだな。
このバンドのメンバーは、ほぼ全員がサラリーマンで音楽活動に関してはアマチュア。
だからか、アルバムの発売も数年に一度。
3rdから10年以上ぶりに、4thアルバムがリリースされたときは嬉しかったし驚いたもんだった。
吾妻さんが歌うのは中高年の悲哀。
初めて聴いた頃は自分もいつかそうなるんだろうなあと感じてたことが全て現実になってきているから笑える。
共感できることも多くなってきた。
今回のアルバムを聴き込むことによって、僕は自身がいずれ迎えるであろう60代をほんのり夢想する。
うむ、わりと悪くなさそうだ。
そんなに悲観する必要もなかろう。
「だってオッサンだし!」
とさすがに四十路後半ともなると余裕で開き直れるようになってきているから、きっとその頃には
「だってジジイだしね!」
と綽々でなれそうだ。
うむ、悪くないぞ。
むしろイイぜ。
《余談》
新作DOODLIN’ BARBER SHOP ORIGINAL TEE。
数多のご注文、ありがとうございます。
今回のデザイン、自分と店の今後はこうありたいし、こうなりたいな……
というイメージを、長友くんが形にしてくれました。
緩さと愛嬌とユーモアと。
それらが綯交ぜになって、なんだかクール。
そんな感じになりました。
 
注文数 プラスα で制作します。
6月の20日前後に仕上がってくれたらと願っております。

心地よく自己嫌悪

5AA6DA78-ED72-456B-AFFE-A1BF4B926A00
「ねえ、手ってなんであるの?足は?背中は?」
「ゴジラと恐竜、どっちが勝つかな?」
「ゾンビっているの?」
息子から投げかけられる強烈にピュアな疑問の数々にどう答えたらイイのだろうか……
こういうとき、何だか上手な物言いをしたいもんだぜと逡巡してしまう。
そんな自分の醜悪さにちょっとだけ落ち込むのだ。
息子が求めている答えはいたってシンプルなもののはず。
粋とかウィットとかはいらない。
それがわかっているのに「あのとき、親父はこう言ったのさ……」だなんて、いつか遠い目を息子にしてもらいたいなんて考えている自分が甚だ気持ちが悪い。
適当に流すことはしないように気をつけているが、正直「そんなこと知らん!」と絶叫したくなるようなキテレツなクエスチョンもあって、全くもってトホホな日々なのである。
毎日、ひらがな書き取りの宿題があるのだが、「上手じゃなくてもイイ、ただゆっくり丁寧に書こうな。その気持ちが大切だぜ」などと言っている自分に酔っ払っている。
今や、授業をノートに書き取りするのではなく、タブレットなどに打ち込むのがスタンダードになりつつあるみたいだし、正直あまり必要ないかも……と内心思っちゃっているわけで、そんなんで息子をどうにか言い聞かせようとしてて、これまた醜悪だぜオレってばさ……と自己嫌悪。
子育てはキャッチボールだと誰かが言っていたが、かつては自分がピッチャーのつもりだったのだが、今や息子が号速球ピッチャー。
僕はミットの綿を抜いて「う〜ん、イイ音出てるぞ!」とその球を受けるキャッチャーのようだ。
どんな暴投でも受け止める気概も必要だ。
なんて、ココでも上手いこと言っている気になっている。
イヤだね〜イヤだイヤだ。
ともあれ春爛漫である。
今更ながら読み込んでいる漫画「クロコーチ」がたまらなく面白い。
おかげで陰謀論大好き中年床屋のおやじさんになって来ている。
イイ感じだぜ。
それでは股旅。