自問自答の末そう結論した

IMG_2054
ふと思いついて、早朝にぼんやりと移転直前に撮った写真をながめていた。
 
これがこうなって、ああなって、こうなるのか……
 
たかだか二年弱ではあるが感慨深い。
 
人生の先輩方に耳にタコが出来るぐらい聞かされてはいたが、本当に時が経つのが年々早く感じられるようになっている。
たかだか二年などと言っているが、子供の頃の二年なんて果てしなく長く感じたものだ。
 
何を始めるにも遅すぎるってことはないんだぜ……
 
だなんて言葉は、希望を胸いっぱいに突き詰めればそうであるのかもしれないが、実際は無慈悲なタイムリミットがあるっつーのが圧倒的リアルなのである。
 
ここは「圧倒的現実」と書いてもよかったのだが、出川哲朗先輩が多用する「リアルに〜」が、なぜだか好きなので使った。
先輩の使う「リアルガチ」って表現も好きなのだが、素人さんがテレビなどで「ガチで〜」とか言っているのを見るとチリチリする。
そこに相撲やプロレスへの愛がちょっとでも感じられるのならイイんだけども、圧倒的にそれが微塵も感じられない場合が多いからキリキリする。
 
何を小さいことを言っているのだね、床屋のおやじさんよ!
 
と後ろ指さされようとも全然構わない。
こういう小さいことをクドクド言っていこうぜ!
と、さっき自問自答の末結論したからだ。
 
 
話は変わるが、今夢中になって観ているテレビ番組が二つある。
キーワード録画予約までして、再放送も含め毎回決して見逃さないようにしている。
この二つの番組は僕の中にズカズカ土足で入り込んできて、大暴れして、嵐のように通り過ぎていく。
しかし、その後味は極めて爽快。
ときにグッサグサと心身をえぐられるけど、それもまた痛みを存分に伴って痛快なのである。
そして観終わった後、なんだか人に優しくしたいなぁ、優しくありたいなぁと思えるのだ。
そんなすごい番組今まであったのか?
あったのだろうけども、僕は出会えてなかった。
 
 
しかし敢えてその番組名はココには書かない。
以前の僕だったら得意げにゲへヘーなんつって、書いていたのだが、もう書かない。
これも今さっき自問自答の末結論したからだ。
 
 
それより何より話そうじゃないか。
髪を切りながら押し黙って静かに音楽に耳を傾ける……
そんな仕事っぷりに憧れる思いもあるけれども、僕はやっぱり話したい。
わざわざ、この所沢のチベットと言われる三ヶ島まで足を運んでくれるお客さんたちと喋りたいのである。
 
 
お客さんたちから学ぶことがたくさんある。
その分、僕からも何か得て欲しい。
そのために、本読んだり、映画観たり、音楽聴いたりしてると言っても過言ではない。多分。
 
 
結局、僕にはそんな店しか出来ないのである。
たった今、これを書いているうちにそう結論したのだ。
 
 
DOODLIN’ BARBER SHOP。
四十六歳のおっさんが、たった一人で、たった一つの床屋椅子でやってます。
イイ音楽、時々、おっさんのしょうもない話。
そんな感じの店です。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
DOODLIN’ BARBER SHOP 店主 拝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です