ぼくの夢でした

IMG_8438

開店前にブロロンと車を走らせ実家に行ってきた。
父の髪を切るためだ。
父は今年で八十四歳になる。
顔を合わせれば憎まれ口の雨あられだった父も今や好々爺。
交わす言葉もほとんどなく、話しかけても「あいあい」と笑うばかり。
帰り際に握手をし背中をポンポンと叩き「達者でね!」と言うのがお約束。
「ありがとう」
父はにこりと笑って、そう一言だけつぶやくのもいつものことだ。

 

縁起悪いと叱られるかもだが、毎度これが最後かもと思いながらカットしている。
だからと言うわけではないが、毎度切り終わると写真を撮らせてもらっている。
ピースサインなんて絶対しないキャラだった父にピースサインを要求してみる。
すると、そのときはこれでもかってぐらいにおどけてみせる。
写真を見た人誰もが「元気そうじゃない!」と言ってくれるようなエネルギーをたたえて。
父に、家族それぞれへの贈る言葉を用意しといてとお願いしておいた。
遺言ではない。
あくまで贈る言葉だ。
話せるうちに、僕がメモしておくからと言うと「あいあい」と父は微笑んんだ。
帰り道、車を走らせながら竹原ピストルの『ぼくの夢でした』を聴いた。

 

♪大まちがいが大正解

大賛成を猛反対

大失態に大爆笑

大成功を猛反省

君が見させてくれた夢を叶えるところを

君に見せることが ぼくの夢でした

ぼくの夢でした……♪

 

たまたま聴いたんだけど、なんだか今の自分の気持ちにジャストフィットスムーズイン。
今度、父に聴かせてみよう。

 

歌っていいね。
音楽っていいね。

 

さてと。
仕事しましょうかね。

 

股旅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です