無知を知るということ

IMG_9462

おはようございます。
昨日の天気予報は、春の嵐が吹き荒れるとのことだったのですが、所沢市三ヶ島はそれほどではなく過ぎ去り、ホッと尻を撫で下ろしている次第であります。
なので久々に曽我部恵一さんの『春の嵐』を聴きながら、この日記を書くことにしました。
相変わらず良い曲です。

 

コーエン兄弟の監督作品『ヘイル、シーザー!』を観ました。
面白かったです。
けども、その時代背景や舞台となるハリウッドの内部事情を知っていないと、ほとんど理解できないネタばかり。
その勢いと匂いを嗅ぎ取った、でもそれだけでも「面白かったなぁ」ってそんな感じです。

 

WOWOWの「W座からの招待状」という番組で放映されたのですが、番組ナビゲーターである小山薫堂さんが、この映画の招待状として

「知っていることと知らないことは、同じものを違うことにしてしまう。
だから知らないよりも、知っているほうがいい。
ただ、知らないということを知っているほうが、知っているよりも価値になることもある。」

と書いていて、妙に納得しました。
これっていろいろ様々なことに当てはまるなと。

 

知ったかぶりでいい気になって心に風も吹きやしないってことはままあることです。
「ああ、俺知らないわ、わからないわ……」と自分で認識出来たら、その先があるような……そんな気がするのです。
無知は恐怖ではありますが、無知を知ることが大事というか、無知だと知っていればまだ大丈夫と云いますかね。
書いてて、ちょっと意味わからなくなって来てますが、そう認識出来ているから大丈夫かもなって話です。笑

 

物語終盤の台詞。

 

『映画には価値があり、映画に尽くすのが自分の価値だからだ』

 

が心に刻み込まれました。
ボクの仕事、床屋、いや理容業にも同じことが言えるなと感じました。
そこに価値があるかどうかは自分で決める。
来月で四十七歳になるし、もう良い年齢なわけだから、その辺はちょっとぐらい傲慢になっても良いかなと。
質の良い傲慢ってやつです。

 

さてと本日は定休日。
良い一日になりますように。

 

DOODLIN’ BARBER SHOP 店主 高崎哲平 拝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です