また宝物が増えた

IMG_9603

先日、キッズ用補助椅子として入手したスケートボード。
それなら友人で画家のアラヤンに描いてもらおう。
さすれば世界で一つの素敵なスケボーになるに違いないぜと手渡して一週間ちょい。
一昨日にアラヤンから無事仕上がったぜとの報告を受け、本日開店前に受け取りに行ってきた。

 

出来上がったものを見た瞬間に身体中に電撃が走った。
特にコレと言った注文をしたわけではないのに、そこにあったのはまさに理想としてたものだったからだ。

 

アラヤンがそれだけのものを作ってくる。
こうなることは半ば予想は出来ていた。
だから、注文時に提示したギャランドゥに少々色をつけて用意したはずなのに、それでもこれじゃあ足りないぜと恥ずかしくなったんだった。

 

二十数年前に出会い、いろいろ様々な交流をしてたからこそ、ここまで痒いところに手が届きまくるものが描けたのだろう。
アラヤンは、ボクと店を見つめ続けてくれたのだ。
どうだい?
音楽が何処からか聴こえて来るような、そんな気がしないか?
こんな友人がいてボクは誇らしいよ。
そして凄いよ、キミは。

 

アラヤン、どうもありがとう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です