泣いてる人 笑ってる人が歩いてく  北風の中 時代は変わってゆく

FullSizeRender

ふと思いついて『蛭子能収のゆるゆる人生相談』を手に取ってみた。
帯には「きれいごと、ゼロ」と書かれてて、これはもう清々しいぐらいの蛭子節全開なのではないかと期待している。

 

 

今なんだか、そういう気配の物事を欲している自分がいるようなのだ。
そして、数ページめくってみたのだが、やはりそこにあったのは「そうくるか〜!」の連続で、蛭子さんはそんな気ないのだろうけど、思いっきり常識をぶった切ってて痛快だった。

 

 

蛭子さんは、僕が生まれ育った町にいっとき住んでいたので、しょっちゅう町中で見かけた。
でも、一度も声をかけたことはないし、誰かに声をかけられているのも見たことはない。
あまりにも普通にそこにいたからだと思う。
そんな蛭子さんの言葉だからだろうか。
妙に変に絶妙に響くのだから面白い。

 

 

これまたふと思いついて、仲井戸麗市先輩の『時代は変わる』を昨日から何度も聴いている。
師走だからだろうか。
クリスマス・イブだからだろうか。

 

 

♪家族のこと 友達のこと考える
仕事のこと 生活のこと ふるさとのこと考える
愛する 愛されること 生きるということ考える
そして時々考える…….死ぬということ…….

生まれてくる子供はみんな天使さ お偉い方々の子供も犯罪者の子供も
貧しき人 裕福な人 どんな肌の色でも
生まれくる すべての子供達に祝福あれ!

悲しい別れがありました 奇跡の生還 新しい出会いもありました
明日を生きてく君がいる 生きてく君の明日がある

泣いてる人 笑ってる人が歩いてく
北風の中 時代は変わってゆく♪

 

 

そういえば、昨日放送された『東京リボーン』が面白かった。
大友克洋さんの言葉が響いた。
『下町ロケット』の最終回も、それはもう面白かった。
最終回として考えると、これってどうなの?って終わり方だったが、ちゃんと年明けのスペシャルで大団円を迎えるようだし、それを楽しみに今日を生きようと思う。

 

 

今日は北風が強い。
平成も来年で終わる。

 

 

泣いてる人 笑ってる人が歩いてく
北風の中 時代は変わってゆく

 

 

メリークリスマス。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です