冬来たりなば

IMG_0420
昨日は節分でしたね。
仕事を終えると息子に鬼の面を渡され、これをかぶってくれと頼まれました。
それからガッシガシ豆を投げつけられました。
まあまあ忙しい一日だったので、それほどの鬼っぷりを出せませんでしたが、息子と一緒に風呂に入ってたら「楽しかった〜ありがとう!」と言われたので、ああやって良かったと思いました。
こんなほんのちょっとのことで子供は喜んでくれますね。
それがわかっているのに、疲れただの、面倒くさいだのとサボりがちになってしまう己に「喝!」です。
そんな息子は近頃サメに興味津々。
危険生物図鑑を引っ張り出して、ホホジロザメを描きだしました。
このとき「あっ!」と思ったのです。
絵を描くのが好きな息子なのですが、今までは自分で想像して描いていたなと。
何かを模写して描くのは初めてなんじゃないかなと。
幼稚園ではやっていたかもですが、私の目の前ではこれが初めてでした。
そして、その出来上がりの素晴らしさに唸りました。 何が良かったかなんて専門的なことはわかりませんが、息子の描いたホホジロザメがともかくカッコイイなと感じたのです。
カッコイイって大事じゃないですか。
きっと息子もカッコイイの大切さをわかり始めているに違いない。
そう思いました。
歯から描きだしたのにも感心しました。
それを描くにあたって、どこがポイントなのかを息子なりに考えているのだなと。
そんな息子が「コロコロコミック」を読みたいと言うので、買ってきたのです。
私が読んでいた四十年前のコロコロは330円。
それが550円になっていたのには驚きました。
大きさと厚さはそのまんま。
付録もギッシリ詰まっているようです。
息子が帰ってくる前に、読んでしまおうかしらんと一瞬思ったのですが、グッと堪えました。
あの開く瞬間のドキドキをオッサンが奪ってはいかんですね。
発売日は変わらず毎月十五日なのかしら。
ライバル誌だったコミックボンボンはまだ出ているのかしら。
プラモ狂四郎はまだ連載しているのかしら。
コロコロだけで話題が広がる広がる。
そんな息子が可愛がっているネコの すなすけ は今日去勢手術をしているのです。
今朝、動物病院に預ける際の表情を見たら切なくなりました。
夕方には迎えに行くのですが、無事終了していることを願います。
今日はまるで春のような陽気ですね。
イイです。
股旅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です