それが正解

IMG_2728
四年前に店前に植えた白樺がココに来てグググイと枝葉を広げている。
随分と大きくなったもんだとコッソリ嘆息したりしているのだが、こんな何でもないようなことが幸せなのだと感じ始めた48歳の床屋のおやじさんである。
息子の中ではただいま空前のコウンブームが来ている。
小学校から帰宅するなり「今日、転校生が来たんだ!」と云うので、なんて名前のコ?と訊くと「コウン!」と叫ぶ。
転校生の名前がコウン?
そんなことは有り得ないわけで、大笑いしてしまうわけだが、そこがまた息子にとっては嬉しいポイントらしく、ますますコウンコウン言うのだ。
息子がハマっているマインクラフトと云うゲームの中でも、何かに名前を付けるとき「コウンちゃん」にしようとしていた。
だがしかし、ゲームはそれを拒否したのである。
「その名前は、どこかで誰かが不快に思う可能性があるからダメ!」とのこと。
ゲーム、偉いぞ!

思い返せば、私にも幼少時コウンブームがあった。
誰もが毎日せっせと出すものなのに、何がどう面白いのか全然説明出来ないのだが、子どもにとっては最高のオモシロネタなわけで、だからきっと「コウンドリル」なんつーふざけたものが飛ぶように売れるのだろう。
確かにあのドリルだったら、オモシロ楽しく勉強が出来そうだもの。
考えた人、すごいぞ!

それにしても山里亮太さんと蒼井優さんの結婚には驚いた。

あの記者会見は良かったな〜
二人ともカッコイイなと思った。
なんかさ、そこら辺に転がっているしょうもないコウンみたいな概念をぶっ飛ばしてくれるような痛快さがあったぜと感じるのである。
大橋トリオさんが、インタビューで曲作りの際に
「自分が踊りたくなるかどうかが大事。それがたとえダンスチューンでなくても踊りたくなったら正解。バラードでも自然と身体動いちゃうようだったら正解」
みたいなことを言ってて、これもまたコウン的概念を気持ちよく吹っ飛ばしてくれる痛快さを感じたんだった。
ダンスチューンでなくても、それがバラードだろうとも、自然と身体が動くような音楽……
自分もそういう音楽が好きだぜとおこがましくも勝手に共感させていただいた。
そして、それは嬉しい発見でもあった。
ありがたし。
 
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です