たまには押し付けがましく

799ACD6F-BA54-479E-9F2F-D97B94F580A1
なんとなく録画しておいた『ワンダー 君は太陽』と云う映画をなんとなく観始めたら、これがとんでもなく良くて魂がブルブル震えたのでした。
これはもう是非とも妻さんと息子にも観てもらいたいと観終わる前に Blu-ray を注文しました。
録画したのは字幕入りだったわけで、それだと六歳の息子にはまだ難しいですからね。
ものすごく押し付けがましいのは百も承知。
でも、たまにはこういう押し付けもありじゃないかと。
これぞ家族の特権ではないかと。
そう開き直ることにしたわけです。
この映画。
主人公のオギーという男の子は、トリーチャー・コリンズ症候群という先天性疾患が原因で顔が変形してましてね。
入退院の繰り返しもあり、ずっと自宅で学習を続けていたのですが、容態も安定してきたので学校に通うことにしたのだけれども、そしたら本人と家族の予想&不安は的中。
クラスメートから差別とイジメを受けるわけです。
でも、そんな中でも心通わす友人が少しずつ出来てくるという展開。
私はですね。
それはもうしょうもない無知でバカで未熟な子供でしたからね。
多分、こういうコがクラスにいたら、きっと差別しイジメる側の人間だったと思うのです。
でもね。
もし、こういう映画を観る機会が私にあったならば……
もしかしたらこの映画にも出てくるオギーと心通わす少年少女たちのような振る舞いも出来たんじゃないかって思うのです。
うちの六歳児は、これからどっち側の人間になるのかはわかりません。
私の願いとしては、差別とかイジメをしないような人間になって欲しいと思っています。
だからね。
この映画を観ることで、息子がそっち側の人間になる可能性が少しはアップするんじゃないかと。
人に優しく親切に出来るようになるんじゃないかと。
人間の内面の価値には外見で推し量れないものがあるという考え方を持てるようになるんじゃないかと。
そんな物凄く独りよがりな願いを込めて「これ観てよ!」と薦めることにしたのです。
そんな方向づけをたまにはしてもいいですよね?
今はまだ理解出来ないかも知れない。
でも、近い将来きっとわかるときが来ると思うので、我が家にこの映画を常備することに決めました。
パッケージもステキですしね。
さてと。
それじゃあ、DOODLIN’ BARBER SHOP ORIGINAL TEE を遠方よりご注文していただいた方々に発送する準備が整ったので、クロネコヤマトに持って行きましょうかね。
実にいい感じに仕上がっております。
期待してください。
お楽しみに!
股旅。
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です